青汁画像

旅行で見たあの熊笹が青汁に

私は以前、夫と北海道旅行に行きました。
北海道は観光地から次の観光地までの移動が長いのですが、スケールが大きいので、車窓から見える景色も、民家より自然の美しい風景が多く、移動時間があっという間に過ぎて行きました。
その時、ある峠を通ったのですが、そこはもう一面の笹で、もちろん建物はなく、樹もあまりありませんでした。
風が吹くたびに波がたつように全体が揺れて幻想的な景色だったことを鮮明に覚えています。
ガイドさんに笹の種類をたずねたところ、北海道の笹はほとんどが熊笹だと教えてくれました。
見たとおり一面がびっしり覆われるくらい生命力が強くて、どんどん根っこが伸びて増えてゆき、自分の家の庭に生えてしまったらとても困るというぐらい、強い草だそうです。
その後寄ったドライブインには、熊笹のお茶が売られていました。
生命力が強いだけあって、栄養も豊富で、ビタミンやカルシウム、鉄分などもたくさん含まれているというので、私もお土産として買ってみることにしました。
試飲をさせてもらうと味は独特でしたが、体に良さそうだということもあって、私は自宅用として購入したのですが、主人は味が苦手で、結局試飲の1回しか飲みませんでした。
その後、北海道で買ったお茶を、頑張って毎日飲み続けていました。
それまではめまいのような貧血があったのですが、このおかげか体調もよく、貧血はおきていませんでした。
主人はよく続けられるなと笑っていましたが、体のことを考えると主人にも飲ませたいとずっと考えていました。
そして北海道で買ったお茶がとうとうなくなってしまったので、インターネットで買うことができないか調べていると、熊笹が青汁として売られていたのです。
買った方のコメントを見ていると、とても飲みやすいと書いてあり、これなら主人でも一緒に飲めるかしらと思って、すぐに注文してみました。
まず私が試しに飲んでみると、あんなに頑張って飲んでいたちょっと苦手なお茶より、ずっと飲みやすくてびっくりしました。
早速主人にも騙されたと思って飲んでみてと差し出すと、恐る恐る飲んでくれましたが、その飲みやすさにこれなら俺も飲めると言ってくれました。
実は主人も私の体調が良いことに気付いていたようで、自分も飲んだら健康が維持できるかもとひそかに思っていたようなのですが、あの時試飲した味を思い出すと、言い出せなかったということでした。
それから毎日、ひといきつく時には青汁をふたりで飲んで健康維持をしています。
ただし、青汁を飲むときは飲み過ぎず、適切な量http://xn--nckg3oobb6892cot4az0h884h.com/10yasai.htmlを守って飲んだ方がいいでしょう。