青汁画像

青汁のクロレラについて

みなさんは、クロレラという植物の名前を聞いたことがあるでしょうか。
青汁にこの植物が使われていることもありますが、青汁の材料はこれよりも、ゴーヤ、ケール、大麦若葉など、コマーシャルで耳にするもののほうがなじみがあるかもしれません。
最近人気のあるよもぎの青汁の効果はこちらをご覧ください。
クロレラというものは、非常に繁殖力が高い藻の一種で、31億年前から生息しているとも言われます。
それまで長いあいだ生息してこられたのは、その中に含まれる栄養素のおかげであるとも言われています。
この植物は単細胞で、肉眼では見られないほど小さな植物ですが、他の植物に比べて光合成の能力やタンパク質を生成する能力が圧倒的に高いのが特徴です。
光合成の能力が高いために、多くの栄養素を生み出すことができるのです。
この植物には、血液を浄化する、腸を活発にするhttp://www.stirlingalbion.com/ben.htmlなどの働きが期待されています。
しかし、希に摂取時にアレルギーを起こす人もいるので医師に相談してから服用することがよいでしょう。
また、血栓治療薬を服用している人も注意が必要です。
さて、このように多くの栄養素を含んでいるクロレラですが、これを添加している青汁とそうでないものの栄養素含量などの違いとはどのように出ているのでしょうか。
栄養素は、クロレラが多く含んでいるため、添加されている青汁の方が全体的に栄養素http://www.puckineh.com/02yasai.htmlの量が高くなっています。
また、粒が小さい生き物であり、味も抹茶風味であるため、添加したからといって飲料の味が損なわれるわけではなく、むしろ美味しくいただけるといったものとなっています。
この植物に馴染みがなく、食材として使われていることに少々不安な方は、この製造方法を確認してみるとよいでしょう。
この植物は淡水に生息していますが、大抵の場合は、近辺の川からではなくタンクなどで培養されていますので衛生面では問題はないでしょう。
この植物の唯一の欠点は細胞壁が厚く消化されにくいので、細胞壁粉砕やエキス抽出などの過程での熱処理でせっかくの豊富な栄養素が失われてしまっていることです。
メーカー側もこの植物の良さを生かすために品種改良し、細胞壁が薄く細胞壁粉砕などの必要がない品種も多く登場してきています。
そのため、細胞壁粉砕以外の製品の方が多くの栄養素を摂取できることもあります。
安全でしっかりと栄養補助の役割を果たす製品を選ぶためには、原料から製品化までに至る製造方法を開示している会社の製品や、含まれている栄養成分量を開示しているものを選ぶことがポイントです。
今一番売れているおすすめの青汁はこちら。